東京電機大学理工学部自治会

FPCreation部

部活風景

初めての方も、初めてでない方もこんにちは。FPCreationです。

まず、『FPCってなに?』と思われる方も多いと思いますので説明をします。FPCreationとは、“Film Picture Creation”の略で、部員は『FPCreation』または『FPC』と呼んでいます。

活動内容は、3DCGの静画とアニメーションを作成して鳩山祭などで公開展示することを目標として活動しています。 パソコンを用いて作成する性質上、各部員がパソコンを所持していないといけないことがFPCという部活の敷居を上げてしまっているかもしれませんが、入部の際に初心者・経験者は全く問いません。また、“先輩・後輩という壁にとらわれず仲良く活動する”という精神を引き継ぎ、気軽に楽しく活動できるようにしています。

見学・質問なども大歓迎です。というよりも、実際に何をやっているかは実際に見てみないと伝わりづらいところがあると思います。そこでこのスペースを利用し、皆様の疑問であろうFPCがどのような作成活動を行っているのか、3DCGの作成の様子と活動内容を簡単に紹介します。

◇ 3DCG作成 ◇

3DCG製作画面

右の図は実際の3DCG製作画面です(クリックすると拡大画像が表示されます)。

気になるCGの作成方法ですが、左の図のような「上面図」、「正面図」、「側面図」、「透視図」を使って立体的な形状を作成しています。 「上面図」、「正面図」、「側面図」のうち1つの画面で、普段絵を描くときのように ”線を引く” などの2次元的な操作を行うことで、1つのディメンションでの操作が可能となり、複数の画面を使い分けることで立体を描くことができるのです。 3DCG班では、バリエーションによりビギナーからプロフェッショナルまで幅広い場で活躍している3D作成ソフトウェアを使用して活動しています。 活動内容からいって個人作業になってしまいますが、疑問質問などは先輩方が答えてくれるので、大学に入ってから3DCG始める方でも安心して活動することができます。

◇ FLASHムービーやゲームの作成 ◇

Flashの作成画面

右の図はFlashの作成画面です(クリックすると拡大画像が表示されます)。

Flash作成では主に左上のタイムラインと下にあるアクションスクリプトを使います。 タイムラインを使用するときは中央のステージに絵を描きます。 タイムライン一つごとに絵を描くことによりパラパラ漫画のようにアニメーションを作成できます。 またActionScriptという言語を使い絵の動きを制御できます。 これらを組み合わせてアニメーションやゲームを作成することができます。

部室

9号館1階 9110 - 24

団体公式サイト