東京電機大学理工学部自治会

印刷機器ガイドライン

1)予約について

ア)予約の扱い

印刷機器を利用するには事前に予約する必要があります。予約は基本的に予約した団体の種類にかかわらず先に予約した団体のものが優先されます。

イ)予約が可能な期間

印刷機器の予約は一ヶ月先から前日まで行うことができます。当日予約は基本的に受け付けておりません。
印刷機器を利用できる期間は基本的に執行委員会営業日の17:30~20:00の間です。
1コマ1時間の設定で、1日3コマ(3時間)の借用が可能です。
ただし、特別営業期間においてはこの限りではありません。

ウ)予約のキャンセル

印刷機器の予約後、該当時間中に来ることができない場合は、いかなる理由にも関わらず必ず事前に執行委員会室(TEL:049-296-0314)まで連絡してください。

2)印刷機器について

ア)印刷機器の種類

印刷機・コピー機・ポスタープリンタを総称して印刷機器といいます。
印刷機と印刷機器では意味が異なるので注意してください。

イ)利用における注意

印刷機器の利用においては執行委員会総務局員の指示を厳守してください。
特に、印刷機器の利用中にエラーが発生した場合はなにもせず、速やかに局員に知らせてください。
また使用中に生じた一切について、その責任は団体または利用者に発生します。特に使用する団体が部会所属団体の場合、各本部の指示に従ってください。
万が一指示に従わず印刷機器を破損させた場合、修理費を実費で弁償していただきます。
ただし執行委員会総務局の指示に従い正当に自治会備品を使用して印刷機器を破損した場合は、自治会費から自治会備品を補充いたします。

ウ)利用資格について

団体が印刷機器を利用する場合は、事前に各団体年度ごとの「印刷機器借用登録書類」の提出が必要です。未提出の団体の印刷機器利用は固くお断りしております。
書類記入を希望する場合は、執行委員会室までお尋ねください。
印刷機を利用するには学生団体である必要があります。
ただし、コピー機およびポスタープリンタは本学理工学部の学生であれば誰でも利用できます。コピー機およびポスタープリンタ利用を希望する学生は執行委員会室までお尋ねください。

エ)コピー機の利用料金について

コピー機の利用の際には料金が発生します。徴収方法は基本的に利用毎に料金を徴収、そのとき必要であれば領収書を発行します。
利用料金の詳細については利用料金表を参照してください。

3)印刷用紙について

ア)印刷用紙とは

印刷機およびポスタープリンタを利用の際、執行委員会から購入した専用の印刷用紙が利用できます。
ただし、印刷機は執行委員会から購入した印刷用紙以外の用紙は利用できません。
万が一執行委員会総務局の指示を無視して、執行委員会から購入した専用の印刷用紙以外の用紙を使用した場合、印刷機の利用を停止させていただきますので予めご了承ください。
種類と料金については利用料金表をご覧ください。

イ)印刷用紙の購入について

印刷用紙の購入は各年度ごとに前期分・後期分の年2回に分けられ、用紙購入を希望する場合はその都度「印刷用紙注文願」の提出が必要です。提出時には注文願と代金を持参してください。
執行委員会で指定した各期分の注文締切日を過ぎた場合は、執行委員会に保管されている在庫に余剰がある場合のみの販売となります。
なお、一度注文されるとキャンセルはうけかねますので予めご相談の上ご購入ください。
また、不必要な用紙の購入は控えていただきますようお願いいたします。
不必要な用紙の購入を行う等、用紙の購入状況が悪い団体に対して、用紙購入をお断りする場合がありますので、予めご了承ください。

ウ)印刷用紙の納品

一度に大量に購入する場合はすぐに用紙が用意できない可能性がありますので、事前に執行委員会室で在庫の確認をしてください。

エ)印刷用紙の保管

印刷用紙は大変湿気に弱いため、梱包用紙に包むなど、保管には細心の注意を払ってください。湿気を含み波打った用紙を利用すると印刷機が破損する可能性があります。
なお、印刷用紙は一般のコピー紙と厚みや塗工などの点で違いがありますので、印刷機による印刷以外の用途で利用した場合何らかの問題が発生する可能性があります。

4)特別営業期間

新入生オリエンテーション期間、鳩山祭期間、学生大会準備期間などを総称して印刷機器の特別営業期間といいます。 この期間の印刷機器の営業は通常時と異なり、以上の注意事項が適用されない場合があります。詳しくは、特別営業期間ごとの説明会や公示にてご確認ください。
また、学生大会準備期間及び印刷機器のメンテナンス期間等につきましては、印刷機器の使用を停止させていただきますので予めご了承ください。

5)出版会議

印刷機器の予約方法や利用料金など、出版活動に関する説明や決定は出版会議にて行われます。
出版会議の開催は公示にて告知されます。出版会議が行われる場合、各委員会・各部会・各公認団体・各未公認団体の団体代表者、または出版担当者は必ず出席するか執行委員会室にて委任状を記入・提出する必要があります。
なお、出版会議は本学理工学部の学生であれば傍聴することができます。

6)罰則

印刷室及び、印刷機器を使用するにあたり、使用状態が悪い場合や執行委員会総務局の指示に従わない団体または使用者に対し、自治会規約により以下の措置をとらせていただきます。

・厳重注意
・印刷室、印刷機器の修理費を実費で弁償
・印刷室、印刷機器の使用を一定期間停止
・自治委員会の決議による活動停止

7)公示

公示とは学生自治会掲示板に貼られているクリーム色の掲示物のことです。
特別営業期間中の営業時間など、あらゆる告知は公示にて行われますので、印刷機器を利用する場合はときどき確認するようにしてください。

資料:

印刷料金表