東京電機大学理工学部自治会

2007年学生大会

都合により出席されない方々 大会が開催されるのを待たれている方々

学生大会とは、自治会における最高議決機関であり、全自治会員が参加し学生大会に提出された議論についての討論を行うものです。

今年度の学生大会は、5月18日に行われました。当日の学生大会への実出席者数は344人で、当日都合により大会に出席できないために委任状で議長に委任された方は1292人でした。実出席者数は、前年度よりもやや減ってしまいました。

議長団の承認をしている様子 執行委員会の承認をしている様子

学生大会が開催されると、大会を円滑に進める役割を担う議長団の方々の承認が行われます。実出席者数の過半数が賛成ということで承認されました。次に、執行委員会の方々の承認が行われました。執行委員会は、この学生大会で決定した事柄を執行するという、重要な役割を担っています。こちらも賛成者数が実出席者数の過半数を超えたので承認されました。

基本方針について説明をしている様子 承認をしている様子

議長団や執行委員会の承認が終わると、今年度の自治会の基本方針の承認を行いました。今年度の自治会の基本方針は“これまでの道、新たなる道”が承認されました。基本方針が承認され、次に今年度の決算や各団体に配られる予算案についての承認が行われました。これは、各団体への活動資金の配分が公正であるかなどについて議論を行います。今年度は、決算や予算案についての質問等はなく承認へと進みました。

報告を行っている様子 規約改正について検討している様子

決算や予算案の承認が終わると、次に自治会の各委員会の規約改正の報告や承認を行いました。規約には会計のルールなどが細かく書かれているため、改正をするためには自治会員の承認が必要です。今年度は、規約に書かれていた文章の誤字・脱字などの修正などが中心だったので円滑に議題は進みました。

以上の議題を学生大会において議論し、今年度の学生大会は閉会しました。この大会が終わった後、部活動に所属している方々は体育会や学術文化部会の議会が開催されたので、足早に会場を後にする様子がみられました。

TDU Web News トップへ戻る