東京電機大学理工学部自治会

2008年学生大会

都合により出席されない方々 大会が開催されるのを待たれている方々

学生大会とは、自治会における最高議決機関であり、全自治会員が参加し学生大会に提出された議論についての討論を行うものです。今年度の学生大会は、5月15日に行われました。例年よりも出席者数がやや少なかったのですが、無事学生大会は開催することができました。

審議中の様子 承認者数を数えている様子

学生大会が始まると、まずは議長団の承認を行います。議長団は毎月1回行われる定例自治委員会のほかにも学生大会の議事・運営を行っています。次に、執行委員会の承認を行います。執行委員会は、学生大会で承認された事柄を遂行する重要な役割を担っています。

基本方針を承認している様子 規約改正について検討している様子

学生大会で最初に議題に上がるのは、自治会の基本方針を議論します。これは、今年1年間のスローガンのようなもので、今年は“学生団体活動の活性化”に決定しました。

その後は自治会規約の改正による承認や昨年度の決算報告、今年度の予算などの決定が行われます。各団体に配分される今年1年の予算がここで決定するので、非常に重要な会議です。

以上のような議題を学生大会において議論し、今年度の学生大会も無事閉会しました。この大会が終わった後は、体育会や学術文化部会の議会が開催されたので、サークルや部活に入っている方々が足早に会場を後にする様子がみられました。

TDU Web News トップへ戻る